NHKクローズアップ現代にも放映された「叱りの達人」

最新記事

【現代西洋哲学思考】名前は自分のためのものではない

一般的には、名前とは本人を特定し、アイデンティティを確立するものだと言われています。しかし、それだけでしょうか?むしろ、名前は本人以外の人が呼んだり、読み上げたりする方が回数は多いです。よって、名前とは本人以外の人が読みたくなる意図を込めることで、結果的に本人は社会に受け入れられる可能性が高まるのです。

【パワハラ防止】NHKクローズアップ現代でも放映された”叱りの達人”による解説

「それ、パワハラです!」「いや、そんなつもりはなかった」
あなたは、こんなパワハラ問題に巻き込まれたいですか?
2022年4月1日より中小企業でもパワハラ防止法が義務化されます。自分も相手も被害者を出さないために、パワハラについて知識習得しましょう。そして、ミスコミュニケーションを防ぐためにコミュニケーションスキルを学んでみませんか?

【パワハラにならない部下育成】なぜ、あなたは部下を動かせないのか?

優秀な上司ほど陥りがちなこと。それが「正しいことを言っているのに部下が動いてくれない」です。その原因は「正しさ」ではなく、信頼関係が構築できていないために、部下が上司に心を開いていないのです。部下が心を開くためのほめ方も勘違いしている人が多いです。「なぜ、部下はあなたに心を開かないのか?」