「三歩下がって師の影を踏まず」の意味を聞いたことありますか?

一般的には、弟子は謙虚に師匠の後ろをついて歩くべきで、決して師匠と台頭では無いという解釈が多いかなと。

つまりは、絶対的な上下関係を植え付けるために持ちいるられる格言です。

けれども、それって本当でしょうか?

心から弟子の成長を願う師匠であれば、弟子が自分を超えていくことを喜ぶのは指導者としての無上の喜びのはずだと思いませんか?

器の大きさがあらわになりますね。

✅「三歩下がって師の影を踏まず」の本当の意味とは

弟子は師匠を越えていけ

師匠より三歩歩下がると、師匠を背中越しに俯瞰して俯瞰して見ることができる。

全体を冷静に、客観視できる立ち位置。

これって、おいしい立ち位置ですよね。

これは、師匠が弟子に対する深い慈しみの愛だと思いませんか?

着眼点や意味づけを変えと、価値も変わりますね。