ハリウッド気映画に学ぶ「人の心を鷲づかみするテッパンストーリー」とは

単に話すだけではなく、人を動かす話し方がある

先日、ある経営者の方から相談を受けました。

「人前で話すことは苦手じゃないけど、人を動かす話し方には自信がないんです。

何かコツとかありませんか?」

あなたも、似たような経験ありませんか?

経営者や幹部、管理職は、朝礼やミーティングで社員の前で話す機会は、頻繁にありますよね。

または、就活学生や同友会やロータリークラブなど、自社の取り組みや魅力を伝える機会も多いはずです。

あなたの一言で会社の魅力が決まる。

株式を公開している企業の場合は、社長の一言で株価が変わることだって大袈裟ではありません。

それがわかっているので、アップルを創業したスティーブ・ジョブズは、iPhoneやMACの新作リリースのプレゼンに全力投球ますし、トヨタ自動車の豊田章男社長も、新商品PRでは、あのような躍動感あるパフォーマンスを行うのです。

では、あらためて考えてみましょう。

あなたは、人前で話すことは苦手ではないけれど、人を動かすスピーチはできていますでしょうか?

(そう言われると、ちょっと…)

と思われたかもしれませんね。

大丈夫です。

人を動かす方法には、王道いや鉄則の型があるのです。

人を動かす方法。それは【神話の法則】

それは、「神話の法則」

この方法は、ハリウッドの人気映画も踏襲しています。

というのも、「神話の法則」を発見したジョセフキャンベル氏は、これを大学で講義しました。

その授業を受けていたのが、なんと若かりし頃のジョージルーカスそしてスピルバーグだったのです。

スターウォーズ、E・T、未知との遭遇、などの大ヒット映画は、「神話の法則」をもとにストーリーが展開されていたのです。

「神話の法則」をハリウッド流でいうと「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」となります。

では、ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)を、ステップ8個に分けて説明しますね。

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)8ステップ

  1. Calling「天命」
  2. Commitment「旅の始まり」
  3. Threshold「境界線」
  4. Guardians「メンター」
  5. Demon「悪魔」
  6. Transformation「変容」
  7. Complete the task「課題完了」
  8. Return home「故郷へ帰る」

いかがでしょうか?

「わかるけど、ちょっと複雑…」

ですよね。

そこで、思いきってシンプルに3つにまとめました。

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)3つのステップ

ステップ①:スタート

ステップ②:落ち込み、失敗、挫折

ステップ③:成功

それぞれ、解説をしますね。

①スタート

平凡であるほど、この後の展開がドラマティックです。

「親が医者または弁護士で、自分は灘高や麻布高校を出て、ハーバードに入学し、大企業の社長になりました」という話では、誰も感動しませんよね。

②落ち込み、失敗、挫折

ここが深いほど人は惹きつけられます。

なので、あなたは恥ずかしがらずに、赤裸々に語りましょう。

ここの落ち込みが深いほど、この後のV字回復がドラマになるのです。

また、他人は自分とあなたを比較して(私はまだマシかも…)と思ったりします。

③成功

様々な試練や葛藤を乗り越えて、成功を手にします。

あなたが挑戦し成功してきた強さに、人は魅了されて「ついていきたい」と思うのです。

さあ、いかがでしたでしょうか?

人を動かすスピーチ、話し方は、何も立板に水の如く、滔々と語るのではないのです。

アナウンサーを目指すわけではありませんので。

そうではなく、人が感動するのは、むしろ「泥臭さ」です。

神ではなく、生身の人間である、あなたです。

喜怒哀楽があり、落ち込み、葛藤を乗り越えたから、人へ優しくなれる。

そんなリーダーって素敵だと思いませんか?

ぜひ【人を動かす話し方の3つのステップ】を活用して、部下メンバーを自発的に動かしていきましょう。

《 無料で自動的にコラムが届きます 》

人を動かす叱りの達人メールマガジン

思い込み、固定概念、先入観を解体し、新しい価値観の再構築のヒントになる内容です。

週2回程度、お昼ごろに届きます。

無料メルマガ配信解除は、いつでもできます。

後回しない! 今すぐメルマガ登録を >>こちらの登録フォーム   からどうぞ。