NHKクローズアップ現代にも放映された「叱りの達人」

成果を出させる上手な叱り方

カテゴリ一 記事一覧

【部下育成】理事長が新人研修打ち合わせで大きくうなづいたこととは?

トップたるもの、人を動かす極意について興味のない人はいません。だからこそ「まじめ」な人は評価されると思うかもしれませんが、実は誤解です。「まじめ」だけでは仕事にならないのです。ではどうすれば良いのか?人を動かす極意は、操作しようと意図するほど結果はひどいことになりかねません。重要なことは「敬意」です。それについて本コラムにて解説しています。

ハリウッド映画に学ぶ「人の心を鷲づかみするテッパンストーリー」とは

人前で話すことは苦手ではない。けれども、人を動かす伝え方ができているかどうかと言われると、ちょっと自信がない…。大丈夫です。安心してください。人を動かす伝え方には決まった型があるのです。それはハリウッド映画でも活用されている王道のやり方、その方法について解説しています。

【部下育成】解決思考ではずさないたったい1つのこと「犯人探しが物事の本質を歪ませる」

「なんで、わかってくれないんだ!」部下育成にストレスを感じている上司は多いです。その原因は不必要に部下を動かそうとしているからです。部下を信じることは大切ですが、ヒトよりもコトにアプローチすることで上司の余計な負担やストレス、負荷を減らすことができるのです。

【人材育成の落とし穴】「部下が研修を受講しても成長しない」たった1つの理由

社員を教育したり研修を受講させるのは無駄だと思っていませんか?それは、誤解です。と言うのも、学んだ後の行動について、何も仕組み化されていないことが問題なのです。何を学ぶか?よりも、学んだ後に何をするのか?こちらに力を入れてみることで、劇的に社員が変わります。本コラムで解説しています。

【なぜビジネスで抽象思考が大事なのか?】無価値が大化けする瞬間は「言葉」がすべて

優秀なビジネスパーソンの間では、抽象思考の重要性が広がりました。しかし、実のところ「なぜ抽象思考が必要なのか?」説明するのは難しかったりします。シンプルに言うと、抽象思考ができると価値構築できるので価格を上げることができるのです。エヴァンゲリオンなどの事例でシンプルに伝えています。

叱りの達人が伝える「自分で考えない」部下の動かし方まとめ4選

部下が自分で考えないと嘆く上司がいます。自主自立型人間に育成させるためには「自分で考える」ことは必須です。さて、なぜ部下は自分で考えることをしないのでしょうか?それば、優秀すぎる上司に起こりがちです。なぜそうなるのか?どうしたら良いのか?本コラムを参考にして部下育成に実践してみてください。