NHKクローズアップ現代にも放映された「叱りの達人」

思考術

成功するためには必ず成功するための思考がひそんでいます。見えない思考の構造についてヒントととなる、現代哲学や思考法などを具体と抽象を交差してお伝えする内容です。

【現代西洋哲学思考】名前は自分のためのものではない

一般的には、名前とは本人を特定し、アイデンティティを確立するものだと言われています。しかし、それだけでしょうか?むしろ、名前は本人以外の人が呼んだり、読み上げたりする方が回数は多いです。よって、名前とは本人以外の人が読みたくなる意図を込めることで、結果的に本人は社会に受け入れられる可能性が高まるのです。

【キャリアアップ】「好きなことを仕事にする」避けては通れないたった1つの事

キャリアで悩む女子大生120名からの相談・質問をいただきました。「どうしたら自分らしく好きな仕事で生きていけますか?」その回答は「好きを仕事にするためにはマーケティング思考」は必須です。組織で働く、または独立起業する。どちらであっても自分を活かして収入を得るためには「お客様の存在」を視野に入れないと収入は得られません。

【マーケティング】京都のお寺拝観料2000円に学ぶ

「社長は365日24時間、自社のことを考えている」社長のあるべき姿として正しいですが、そうは言っても息抜きも大切。いや、息抜きすらもビジネスに活用する思考法が大切なのです。遊びながらビジネスに活用できる思考法があれば、大手を振って遊べると思いませんか?

【社長の悩み】意外と社員は知らないけど、知っておくべき厳選まとめ3つ

社員にはわからない。けれども、実は社長も悩んでいます。ただし、メンタルの悩みではありません。「言語化」に悩んでいるのです。自分の思いをどうやってシンプルに言語化して社員達へ伝えれば良いのか? 先日、マーケティング勉強会で出会った社団法人の理事長が仰いました。

【人材育成進化系】事業発展する組織が大事にしていること「別の穴の狢(むじな)になれ!」

「なくて七癖」自分のフツーに気づくことはなかなかできません。自社の当たり前、業界の固定概念に気づくためには「自分を疑う」ことです。それができるのが業界の外の視点です。ゼロベース思考を磨くために、ベテランこそが当たり前の不文律を言語化を試みることでブレイクスルーが起こります。